【願いを叶える神社参拝の秘密】口腔ケアで頭と心を浄化する方法

口腔ケア用品

今日は神社参拝をよりよくするためにお伝えさせていただきたいことがあります。

口腔ケア精神状態との関係

みなさん、神社の境内でお手水ありますよね。あれで口をゆすぐということがあります。
これはそのまま、口の中を清めるためのものなのですが、神社参拝に向かっていただく前に口をキレイにするというのは非常に大事なことです。

我々は口から言葉をはきますよね
祈りの言葉も口から出していきます
実は、口の中の状態というのは自分の精神状態にも本当にデリケートに作用するんですね。

たとえば朝イチ起きたとき、うわー口気持ち悪っていうふうに思ったりしませんか?
私は朝起きた時の口の感じが凄く嫌でして、すぐに歯を磨きたくなります。

これはなんでかというと、夜寝てる間というのは唾液が止まって、それによって口の中はものすごく雑菌が繁殖するわけなんですよね。
そうなると口の中は雑菌が原因によって悪い気で満たされます
そういう状態であまり放っておかないほうが良いんですね。

これは健康上の理由もあるのですが、それこそ口の中というのは 、口蓋を一枚隔てて脳です。そういうところが悪い気を発していると、皆さんが思っている以上に精神的に大きな影響を与えます

これは、神社参拝をする時も非常に大事だということですね。
口の中を清めるというのは、口を清めてその言葉を正しくするというような意味があります。

口腔ケア実践のポイント

実際は、ちょっと口の中をくちゅくちゅぺってしたことできれいになることはありません。
これはみなさんもよくご存知のとおりだと思います。
口の中の菌というのはしっかり歯磨きをしても、水に溶けない菌というのも多くて、オイルプリングをして初めて取れるという菌も多いです。

口腔ケアをするときは
〇歯間ブラシ
〇手の歯ブラシ
〇電動ブラシ
を使い、さらに
〇オイルプリング
も参拝の前はちゃんとするのがおすすめです。
そうすると思ってる以上に口の中がスキッとするんですね。
そういう状態で出向くと、本当に新鮮な気持ちで祈る、まっさらな気持ちで祈ることが出来ます

けっこう以外に思われるかもしれませんが、口の中を清めていくことを、お手水のところだけでなく、ご自身の参拝の準備として行うと、よりより良い参拝になると思いますので、是非取り入れてみてください。

それでは、今日もあなたに万福が降り注ぎますように。
今日は神社参拝前の口腔ケアについてお話させていただきました。