【願いを叶える神社参拝の秘密】目の浄化で視覚から入るネガティブ情報を禊祓する方法

空

神社参拝をする上で、感覚器をクリアにしていくというのがとても大事です。

神社の氣を感じるために

神社の氣のエネルギーについてなのですが、
氣というのは無味無臭です。
 
何を持って感じれば良いのかわからない。。
という方も多いかもしれませんが、
一つ手がかりになるのが五感の感覚なんですね。
 
下鴨神社の鳥居
 
五感で捉えきれないものではあるんですけれども、
五感の感覚が淀んでいても感じられないものでもあるということなんですね。
 
だから普段から五感をクリアにしておくというのが
基本的な参拝でおすすめの方法です。
ここでご紹介させていただきたいのは、目の浄化です。

目の浄化とは? 

目の浄化と言いましても、みなさんピンとこられない方が多いと思います。
 
しかし人間が生きていたら、一日の情報の90%以上を目から受けていると言われています。
それくらい、目というのは情報が流入してくる重要な器官なのです。
逆に言うと、ネガティブな穢(ケガレ)・ネガティブエナジーも、
目からたくさん入ってきているということなんですね。
あまり意識されていないかもしれませんが、
目というのは普段見て感動するものばかりみているわけじゃないですよね。
見たくないなぁ、汚いなぁとか、そういうものを沢山含んで見ているわけです。

なんかごちゃごちゃしてんなーとか、
実際はそういうもののほうが多いと思います。
 
 
そういう時に、目からネガティブエネジーは入ってきて、
知らない間に我々の意識、潜在意識、無意識下に蓄積していきます。
ですので、この感覚器に溜まっているネガティブエナジーというのはちゃんと払っておいたほうがよいですね。
特に神社参拝をする前ではそういうことが重要になってきます。

目の浄化方法

目の浄化には、いろんな方法があります。

①手を擦りあたためて、ポカポカ温まっているような状態にして、
目に当てるだけでもだいぶ変わってきます。
目を手で温める
これでぱっと祓ってあげる。
これだけで視界がちょっと明るくなったりします。
もっとおすすめの方法は、鼻うがいをする時のような塩水を利用するのがいいです。
目というのは粘膜質です。
この粘膜質の粘膜のところにどうしても邪気、ネガティブなものはくっつきやすいです。
目の場合は鼻ほど厳密でなくてもいいので、
きれいなお水にエネルギーの高いお塩を混ぜて頂いて、塩水を作ります。
それを、入れにくいかもしれないけど、目にいれてシパシパします。
塩水で目洗い
是非やってみてください、全然、目の明るさが違うと思います。

見え方というのが変わってくると思うんですね。
見え方が変わるというのは、今までネガティブなフィルターが通っていたということなんですよ。
これは日常の景色でもそうなるんですけど、神社参拝の時も一緒です。

なにか薄ら濁ったような膜を通して空気を感じるのと、

それをさっと退けて、明るく精妙な空気が目からも飛び込んでくるのでは

全然感じ方が違うと思いますので、ぜひ皆様にはそういう状態で神社参拝をして頂ければと思います。

それでは、今日もあなたに万福が降り注ぎますように。
今日は神社参拝で氣を感じるために、目の浄化方法についてお話ししました。